文字サイズ
ひょうご障害者スポーツサイト

地域(東播磨)

明石市


(令和2年4月1日現在)
障害者スポーツ指導員数 65名
障害者スポーツ指導員活動希望者
( )内は地域外活動希望者
10+(42)名
全体に占める活動希望者数 15%
拠点施設 明石市立総合福祉センター
サークル
年間行事 【2020年東播磨地区活動予定】
※奇数月(5・7・9・11・1・3)の第2水曜日19時〜、東播磨地域委員会会議を加古川市総合福祉会館 で開催します。新しく指導者の資格を取得されました皆さま、ご参加をお待ちしています。詳細は、1ケ月前にご覧のページでご案内いたします。
※コロナ感染拡大防止のため、延期していました会議は、7月8日(水曜)19時より開催いたします。(詳細案内

【2019年度東播磨地域活動】
4月27日
のじぎく大会(車いすフライングディスク):ユニバー陸上競技場
5月25日
のじぎく大会(フライングディスク):三木市総合運動公園
6月2日
のじぎく大会(バレーボール):障害者スポーツ交流館
6月23日
ふうせんバレーボール体験及審判講習会:加古川市立鳩里小
7月7日
オリパラスポーツイベント南あわじ市(ボッチャ):ふれあい健康広場
7月13日
卓球バレー体験及審判講習会:加古川市立氷丘南小
8月18日
バレーボールミーティング:障害者スポーツ交流館
8月25日
トヨパラ(卓球バレー):ワールド記念ホール
8月25日
かこパラスポーツ王国体験会:加古川市立総合体育館
8月31日
ユニバーサルTAKASAGO(ボッチャ):高砂市総合体育館
10月6日
ひょうごパラスポーツフェスティバル(卓球バレー、STバレー):ワールド記念ホール
11月3日
加古川市スポーツカーニバル体験会:加古川市立総合体育館
11月3日
こうべパラ王国体験会卓球バレースタッフ:こうべしあわせの村
11月4日
西はりま卓球バレー交流大会:西はりまふれあい交流館
11月10日
バスケットボールミーティング:障害者スポーツ交流館
11月16日
知的障がい者のユニバーサルダンスフェスタ:加古川市人権文化センター
11月17日
ユニバーサルスポーツ体験会ふうせんバレーボール:姫路大学
11月17日
ユニバーサルスポーツスタッフ:ハーバーランドumie
11月23日
フライングディスク交流大会スタッフ:障害者スポーツ交流館
12月1日
兵庫県スポーツ推進委員会女性委員会卓球バレー研修会:香寺体育館
12月1日
ボッチャ審判講習会参加:障害者スポーツ交流館
12月21日
ボッチャ審判講習会参加:明石総合福祉センター
1月25日
加古川ふれあい教室卓球バレー・ふうせんバレーボールスタッフ:加古川市立氷丘南小
2月1日
加古川ボッチャ審判講習会:ウエルネージ加古川
2月22日
高砂ボッチャ交流会スタッフ:高砂市ユーアイ帆っとセンター
2月29日
第2回加古川卓球バレー審判講習会:加古川市人権文化センター[中止]
3月14日
神崎町体育協会卓球バレー研修会:神崎町体育館[中止]
3月20日
のじぎく杯争奪卓球バレー交流大会:障害者スポーツ交流館[中止]

加古川市内小中学校パラスポーツ体験授業指導

管理者用

【第9回のじぎく杯争奪卓球バレー交流大会】

 令和3年3月14日(日曜)第9回のじぎく杯争奪卓球バレー交流大会に「あかし」のメンバー有志として参加しました。兵庫県立障害者スポーツ交流館にて開催され、8チームの参加があり、4つのコートからは勝敗に関係なく、終始楽しそうな笑い声が響いていました。

第9回のじぎく杯争奪卓球バレー交流大会の様子第9回のじぎく杯争奪卓球バレー交流大会の様子


【明石市教職員向けボッチャ動画撮影】

 令和2年12月12日(土曜)明石市教職員向けにボッチャ動画撮影会を行いました。

 明石障害者スポーツ活動連携の会「あかし」委員と兵庫県障害者スポーツ交流館体育指導員、明石市職員、兵庫県立大学看護学部学生もスタッフに迎え制作しました。
NEC撮影制作スタッフ様に編集を託し、出来上がりは来年になります。

 この動画を見て、明石市の各学校で「ボッチャを取入れた福祉授業やレクリエーションをやってみよう!」となる事が目的です。明石市の各イベントに、パラスポーツを取り入れていただけるきっかけになればと思います。

明石市教職員向けボッチャ動画撮影会の様子明石市教職員向けボッチャ動画撮影会の様子


【令和2年11月27日「ボッチャ体験、交流会」実施】

 明石市総合福祉センター新館にて、明石障害者スポーツ活動連携の会「あかし」会員を中心に、「ボッチャ研修、交流会」を実施しました。
「あかし」メンバーの他に、明石市職員の方にも数名ご参加いただきました。

 ジャックボールにどう近づけるか、投げる度に、戦略の練り直しになる事もあるボッチャの魅力に、ため息と歓声が交錯していました。

 明石市で企画されるイベントに要請されることも考え、「あかし」メンバーで2ヶ月に1度、障害者スポーツ体験、交流会を実施しています。次回は1月予定です。

ボッチャ体験、交流会の様子


ACEボール交流会を開催しました

 令和2年9月25日、明石市立総合福祉センター新館にてACEボール交流会を開催しました。
 「あかし」委員、新館サポーター、明石市社会福祉協議会より数名、約20名での交流会でした。

 ACEボール競技は、障がい者スポーツ競技ではありませんが、障害のあるなしにかかわらず、老若男女どなたでも楽しめるスポーツです。新型コロナ対策も取りながら、3人1組のチームに分かれ、ルール説明を聞きながら1時間半ほどゲームをしました。輪投げの要領でボールをとらえるのですが、どの倍率の所で輪を投げるかと、ボールに書かれた点数とを考えながら、また、何点のボールをどの順に投げる(転がす)かもチーム戦略の一つになるので、輪の中にボールが入るたびに、何点のボールが何倍の所で入ったかで計算し、歓声とため息とが交錯し、とても楽しめるスポーツでした。

 ACEボール…点数の書かれた5個のボールをコートの端から転がし、相対するコートの端にいる人が、輪を投げ、輪の中に入ったボールの点数を、コートに書かれた倍率をかけた点数で競うスポーツ。
 明石市の老人大学で考案され、交流会では、競技制を持たせるように改良されたルールで体験しました。(ACEボール指導者:岡本様・長谷様)。

ACEボール交流会の様子ACEボール交流会の様子ACEボール交流会の様子


【令和2年9月11日(金曜) 兵庫大学で障害スポーツ体験授業開催】

 加古川市教育委員会社会教育・スポーツ振興課の出前授業として、兵庫大学の学生とニュースポーツ&障がい者スポーツの体験会が兵庫大学体育館で開催され、卓球バレーとボッチャを体験してもらいました。
 若さ弾ける元気よさで、ムードメーカー的な盛り上げ隊と進行役のファシリテーターが抜群のバランスの良さで、あっという間に時間が過ぎました。
 楽しさが伝われば指導者としての役目完了です!

兵庫大学での障害スポーツ体験授業の様子兵庫大学での障害スポーツ体験授業の様子
兵庫大学での障害スポーツ体験授業の様子


【令和2年9月9日(水曜) 第2回東播磨地域委員会会議開催24名参加】

 コロナウイルス感染が心配される中、感染予防対策をとりながら24名の指導員が集い第2回目の会議を開催しました。
 主な議題は、11月23日(月・祝)に加古川市立総合体育館で開催予定の「はりまパラスポーツ体験♡交流大会」の内容について意見交換しました。卓球バレーとボッチャを体験していただいた後、ミニ交流大会を開催します。準備委員会も発足しメバー8人で1回目の打ち合わせに入っていきます!
 卓球バレーとボッチャは、昨年度審判講習会をそれぞれ開催し、両種目とも100人近い審判員が誕生しました。これからも各種事業で審判として力を発揮していただきたいと思います。(三上善子記)


【明石障害者スポーツ活動連携の会「あかし」定例会】

 令和2年8月20日18時〜
 明石市総合福祉センター新館にて、「あかし」委員、関係者出席11名 今後の活動について意見交換をしました。(新型コロナウィルス対策… 参加者の氏名確認、検温、手指アルコール消毒、マスク着用、会議室収容人数の制限など)。

「あかし」定例会の様子


【令和2年7月30日 明石市総合福祉センター新館にて「ボッチャ交流会」を行いました】

 明石市で、障害者スポーツを応援、普及させたいと明石障害者スポーツ活動連携の会「あかし」を立ち上げ、メンバーがボランティアで活動をスタートしました。「あかし」メンバーを中心に明石市社会福祉協議会、SDGs室、明石市総合福祉センター新館サポーターの方等20名の参加がありました。

 初めてボッチャを体験する方もあり、ルール説明をしながら体験していただきました。ジャックボールに近づくたびに拍手があり、勢いのある投球でアウトボールになってしまうと、場が和み笑いになっていました。障害者スポーツの楽しさを、市民に、健常者、障害者に関係なく少しづつ伝えて行こうと思っています。交流会では、ボランティアメンバーの情報交換もできたようです。

ボッチャ交流会の様子ボッチャ交流会の様子
ボッチャ交流会の様子ボッチャ交流会の様子


【令和2年7月23日(祝) 東播磨地域から2チーム(12名)参加】

 東京パラリンピック開催記念スポーツ交流大会兼のじぎく杯ローリングバレーボール大会2020が、兵庫県立障害者スポーツ交流館で行われました。
 連盟登録3チームと一般参加4チームの熱戦が繰り広げられました。そのうち2チームは東播磨地域で、AKBs(あかし・かこがわビューティーズとHappy♡Happy)が参加、中には初めて体験される方も多く、ルール説明とデモンストレーションも行われ、久しぶりのパラスポーツを楽しく交流しました。
 運営には連盟の方や、交流館の方がコロナ感染症対策の準備をされ、フェイスシールド、マスク、手袋着用で、開会式・閉会式でもソーシャルディスタンスを保ち、終了後はすべての用具を全員で消毒し、コロナに負けず、久しぶりの汗に心地よい疲れを感じ、無事に一日が終わりました。
 東播磨地域でも今後ローリングバレーボール取り入れていきたいと思います。

東京パラリンピック開催記念スポーツ交流大会兼のじぎく杯ローリングバレーボール大会2020の様子東京パラリンピック開催記念スポーツ交流大会兼のじぎく杯ローリングバレーボール大会2020の様子


【令和2年7月8日(水曜)加古川市総合福祉会館にて 参加者25名】

 ひょうご障がい者スポーツ指導者協議会 第1回東播磨地区指導者会を開催しました。
新型コロナウィルス感染拡大防止のため、3月から中止を余儀なくされましたが、防止対策に工夫をしながらも25名の参加者がありました。
 会場でのマスクの着用、各自体調記入、手指消毒、終了後は会場の机・椅子・ドアノブ等のアルコールによる消毒などを行いました。
 兵庫県内の活動状況や、大会開催状況、卓球バレーやボッチャの講習会開催等今後の活動についても情報交換をしました。
 11月23日(祝)に開催予定の、東播磨地域主催事業「第1回はりまパラスポーツ体験♡交流会」についても活発な意見交換ができ、開催に向けて始動しました。
 第2回は9月9日(水曜)19時から加古川市総合福祉会館で開催します。


【第1回 卓球バレー審判講習会開催!!】

卓球バレー審判講習会の様子

 2019年7月13日(土曜)加古川市立氷丘南小学校体育館にて、卓球バレー審判講習会が開催されました。
兵庫県卓球バレー協会(旧卓球バレー連盟)として2019年6月18日から始動して初の審判講習会で、25名の審判員が誕生しました。

卓球バレー審判講習会の様子

 日本卓球バレー連盟からお2人の講師をお迎えして、3時間半の、レクチャーと実技研修を受け、審判の難しさを体感できました。また、選手としても白熱した試合を楽しみ暑さを忘れるほどでした。審判デビューの25名の平均年齢は54才!そのうち男性は4割、女性は6割。最年少30才!最高齢73才!

 これからも、卓球バレーの楽しさを広く皆さんにお伝えできるように、体験会や、交流試合等を開催していきます。 (三上善子記)