文字サイズ
ひょうご障害者スポーツサイト

地域(東播磨)

明石市


(令和3年4月1日現在)
障害者スポーツ指導員数 69名
障害者スポーツ指導員活動希望者
( )内は地域外活動希望者
14+(34)名
全体に占める活動希望者数 20%
拠点施設 明石市立総合福祉センター
サークル
年間行事 【2021年東播磨地区活動予定】

※奇数月(5・7・9・11・1・3)の第2水曜日19時〜、東播磨地域委員会会議を加古川市総合福祉会館301号室で開催します。
新しく指導者の資格を取得されました皆さま、ご参加をお待ちしています。詳細は、1ケ月前にご覧のページでご案内いたします。
※コロナ感染拡大防止のため、延期していました会議は、令和3年7月14日(水曜)19時より開催いたします。(詳細案内

奇数月第2水曜日
東播磨地域指導者協議会会議
5月
のじぎくスポーツ大会(各種目)
5月
トヨパラ(延期)
5月7日・10日
明石市立人丸小学校パラスポーツ体験授業:ボッチャ他
5月29日
兵庫県のじぎく大会フライングディスク〜三木防災公園他
6月4日
加古川市立神吉中学校STバレーボール体験授業
6月8日
加古川市立陵南中学校STバレーボール体験授業
6月12日
令和3年度第1回卓球バレースキルアップ審判講習会
6月25日
加古川市立平岡北小学校ボッチャ体験授業
7月・8月
オリンピック・パラリンピックスタッフ
7月・8月
加古川市社会福祉協議会障害者団体パラスポーツ交流会
7月16日
加古川市立川西小学校STバレーボール体験授業
7月22日〜
スキルアップ研修会〜STバレーボール全5回
7月24日
スキルアップ研修会〜ゴールボール全4回
8月8日
神戸国際大学パラスポーツ体験会
8月13日
パラリンピック聖火フェスティバル10時〜高砂市総合体育館
8月14日
パラリンピック聖火フェスティバル10時〜加古川市
8月16日
県内集火式19時〜神戸総合運動公園ユニバー記念競技場
8月21日
障害区分研修会〜県立障害者スポーツ交流館
9月20日
令和3年度第2回卓球バレースキルアップ審判講習会
11月3日
こうべパラ王国10時〜神戸しあわせの村
11月3日
加古川市スポーツカーニバル(パラスポーツ)
11月13日
卓球バレー浜坂フェスティバル:浜坂保養荘
11月20日
あかしパラスポフェスタ2021グラウンドゴルフ交流会:大蔵海岸多目的広場
11月23日
はりまパラスポーツ体験・交流大会:加古川市立総合体育館
12月10〜12日
全国障害者スポーツ研修会(神戸しあわせの村)
12月25日
バレーボールミーティング〜県立障害者スポーツ交流館
12月〜1月
加古川市障がい者支援課ふれあいスポーツ交流会4回
2月(3回)
加古川市スポーツ文化課サポーター養成講座
2月23日
令和3年度第3回卓球バレースキルアップ審判講習会
3月21日
第10回のじぎく杯争奪卓球バレー交流大会
3月末
南あわじ市卓球バレー大会
随時
明石市・加古川市パラスポーツ体験授業


【2020年度東播磨地域活動】

卓球バレーの様子

※30名(明石市・加古川市・高砂市・稲美町・播磨町)で、パラスポーツ体験会のスタッフ等活動中。
※奇数月の第2水曜日19時から加古川市総合福祉会館にて定例会を開催。

7月23日
のじぎく杯ローリングバレーボール大会(障害者スポーツ交流館)
9月11日
兵庫大学パラスポーツ体験授業(兵庫大学体育館)卓球バレー・ボッチャ
9月12日
のじぎくスポーツボッチャ大会(障害者スポーツ交流館)
9月26日
卓球バレー審判講習会 (障害者スポーツ交流館)
9月30日
はりまパラスポーツ体験・交流会実行委員会(加古川市立勤労会館)
10月3日
卓球バレー出前授業 (浜坂温泉保養荘)
10月10日
パラワールドumie(ハーバーランドumie)
10月14日
加古川市立鳩里小学校パラスポーツ体験授業(鳩里小学校体育館)STバレー
10月31日
ゴールボール競技交流大会(障害者スポーツ交流館)
11月3日
こうべパラ王国(こうべしあわせの村)
11月4日
はりまパラスポーツ体験・交流会実行委員会(加古川市立勤労会館)
11月7日
卓球バレーフェスティバル(浜坂温泉保養荘)
11月14日
フライングディスク県大会(ユニバ競技場)
11月23日
はりまパラスポーツ体験・交流会(加古川市立総合体育館)卓球バレー・ボッチャ
11月24日
オリパラムーブメント(小野市)ボッチャ
12月16日
はりまパラスポーツ体験・交流会実行反省会(加古川市立勤労会館)
1月11日
ローンボウルズ交流大会(障害者スポーツ交流館)
1月23日
ふれあいスポーツ教室(加古川市総合福祉会館)ボッチャ
1月26日
加古川市立平岡南中学校パラスポーツ体験授業(平岡南中学校体育館)卓球バレー他
2月1日
加古川市立加古川中学校パラスポーツ体験授業(加古川中学校体育館)ゴールボール
2月11日
あかしパラスポーツ運動会(障害者スポーツ交流館)
2月23日
卓球バレースキルアップ審判研修会(障害者スポーツ交流館)
3月14日
のじぎく杯争奪卓球バレー交流大会(障害者スポーツ交流館)
3月27日
南あわじ市卓球バレー交流大会(南あわじ市元気の森)
明石市内・加古川市内学校体験授業・出前授業

管理者用

【サッカーボールで遊ぼう】

 令和3年7月20日(火曜)18時30分〜20時 明石市総合福祉センター新館にて「サッカーボールで遊ぼう」体験会を(10名参加)実施しました。

 ブラインドサッカー(視覚障がい者スポーツ)のボールや、フットサルボールを使用し、アイマスクの使用をしての視覚障害体験をしながら、サッカーを楽しく学習です。 基本的なボールの蹴り方を、メンバー杉山氏の指導および、現在FCレディーバードチームで活躍中の西有里沙さんに見本を見せていただきながら体験です。

 ブラインドサッカーボールは、ボールの中に鈴があり転がると音が出ます。その音を頼りにボールの位置、聴覚に集中してダブルタッチ(両足の内側)でドリブルしながら進みます。足のどの部分にボールが触れたか、蹴った時の重さなど、全身の感覚で楽しめるスポーツでした。

 この体験会を通じて、ボール音や相手ボールに近づくには、ボイボイ…(スペイン語で行くぞ)の発声することで安全に楽しめるスポーツだと思いました。

 あかしパラスポネットでも視覚障がい者の方にも様々なパラスポーツを楽しんでいただけるよう、サポート力を強化していきたいと思います。(記:村上ゆかり)

「サッカーボールで遊ぼう」体験会「サッカーボールで遊ぼう」体験会


【パラスポーツ体験授業に協力】

 (公財)兵庫県障害者スポ―ツ協会「障害者スポーツ講座」の講師・スタッフの依頼を受け、令和3年5月7日(金曜)車いすバスケットボール、5月10日(月曜)卓球バレー、ボッチャの3競技を明石市立人丸小学校(四年生180名)での体験指導に協力しました。

 5月10日は、神戸市、加古川市の障害者スポーツ指導者協議会員の協働で取り組みました。車いすバスケットボールでは、児童達が短時間で競技用の車いすの操作を覚え、ゲームもできました。3競技とも、ゲームはとても楽しかった、体験前と後では大きな違いがあったという感想が多くありました。

 これを機会に明石市内の小中学校から「出前授業」が増えることも予想されます。これらの地域からの依頼に、スムーズに対応できる様、「あかし」の2ヶ月1度のパラスポーツ体験会でスキルアップしていきたいと考えます。(記:村上ゆかり)。

障害者スポーツ講座(車いすバレーボール)の様子障害者スポーツ講座(卓球バレー・ボッチャ)の様子


【第9回のじぎく杯争奪卓球バレー交流大会】

 令和3年3月14日(日曜)第9回のじぎく杯争奪卓球バレー交流大会に「あかし」のメンバー有志として参加しました。兵庫県立障害者スポーツ交流館にて開催され、8チームの参加があり、4つのコートからは勝敗に関係なく、終始楽しそうな笑い声が響いていました。

第9回のじぎく杯争奪卓球バレー交流大会の様子第9回のじぎく杯争奪卓球バレー交流大会の様子


【明石市教職員向けボッチャ動画撮影】

 令和2年12月12日(土曜)明石市教職員向けにボッチャ動画撮影会を行いました。

 明石障害者スポーツ活動連携の会「あかし」委員と兵庫県障害者スポーツ交流館体育指導員、明石市職員、兵庫県立大学看護学部学生もスタッフに迎え制作しました。
NEC撮影制作スタッフ様に編集を託し、出来上がりは来年になります。

 この動画を見て、明石市の各学校で「ボッチャを取入れた福祉授業やレクリエーションをやってみよう!」となる事が目的です。明石市の各イベントに、パラスポーツを取り入れていただけるきっかけになればと思います。

明石市教職員向けボッチャ動画撮影会の様子明石市教職員向けボッチャ動画撮影会の様子


【令和2年11月27日「ボッチャ体験、交流会」実施】

 明石市総合福祉センター新館にて、明石障害者スポーツ活動連携の会「あかし」会員を中心に、「ボッチャ研修、交流会」を実施しました。
「あかし」メンバーの他に、明石市職員の方にも数名ご参加いただきました。

 ジャックボールにどう近づけるか、投げる度に、戦略の練り直しになる事もあるボッチャの魅力に、ため息と歓声が交錯していました。

 明石市で企画されるイベントに要請されることも考え、「あかし」メンバーで2ヶ月に1度、障害者スポーツ体験、交流会を実施しています。次回は1月予定です。

ボッチャ体験、交流会の様子


ACEボール交流会を開催しました

 令和2年9月25日、明石市立総合福祉センター新館にてACEボール交流会を開催しました。
 「あかし」委員、新館サポーター、明石市社会福祉協議会より数名、約20名での交流会でした。

 ACEボール競技は、障がい者スポーツ競技ではありませんが、障害のあるなしにかかわらず、老若男女どなたでも楽しめるスポーツです。新型コロナ対策も取りながら、3人1組のチームに分かれ、ルール説明を聞きながら1時間半ほどゲームをしました。輪投げの要領でボールをとらえるのですが、どの倍率の所で輪を投げるかと、ボールに書かれた点数とを考えながら、また、何点のボールをどの順に投げる(転がす)かもチーム戦略の一つになるので、輪の中にボールが入るたびに、何点のボールが何倍の所で入ったかで計算し、歓声とため息とが交錯し、とても楽しめるスポーツでした。

 ACEボール…点数の書かれた5個のボールをコートの端から転がし、相対するコートの端にいる人が、輪を投げ、輪の中に入ったボールの点数を、コートに書かれた倍率をかけた点数で競うスポーツ。
 明石市の老人大学で考案され、交流会では、競技制を持たせるように改良されたルールで体験しました。(ACEボール指導者:岡本様・長谷様)。

ACEボール交流会の様子ACEボール交流会の様子ACEボール交流会の様子


【令和2年9月11日(金曜) 兵庫大学で障害スポーツ体験授業開催】

 加古川市教育委員会社会教育・スポーツ振興課の出前授業として、兵庫大学の学生とニュースポーツ&障がい者スポーツの体験会が兵庫大学体育館で開催され、卓球バレーとボッチャを体験してもらいました。
 若さ弾ける元気よさで、ムードメーカー的な盛り上げ隊と進行役のファシリテーターが抜群のバランスの良さで、あっという間に時間が過ぎました。
 楽しさが伝われば指導者としての役目完了です!

兵庫大学での障害スポーツ体験授業の様子兵庫大学での障害スポーツ体験授業の様子
兵庫大学での障害スポーツ体験授業の様子


【令和2年9月9日(水曜) 第2回東播磨地域委員会会議開催24名参加】

 コロナウイルス感染が心配される中、感染予防対策をとりながら24名の指導員が集い第2回目の会議を開催しました。
 主な議題は、11月23日(月・祝)に加古川市立総合体育館で開催予定の「はりまパラスポーツ体験♡交流大会」の内容について意見交換しました。卓球バレーとボッチャを体験していただいた後、ミニ交流大会を開催します。準備委員会も発足しメバー8人で1回目の打ち合わせに入っていきます!
 卓球バレーとボッチャは、昨年度審判講習会をそれぞれ開催し、両種目とも100人近い審判員が誕生しました。これからも各種事業で審判として力を発揮していただきたいと思います。(三上善子記)


【明石障害者スポーツ活動連携の会「あかし」定例会】

 令和2年8月20日18時〜
 明石市総合福祉センター新館にて、「あかし」委員、関係者出席11名 今後の活動について意見交換をしました。(新型コロナウィルス対策… 参加者の氏名確認、検温、手指アルコール消毒、マスク着用、会議室収容人数の制限など)。

「あかし」定例会の様子


【令和2年7月30日 明石市総合福祉センター新館にて「ボッチャ交流会」を行いました】

 明石市で、障害者スポーツを応援、普及させたいと明石障害者スポーツ活動連携の会「あかし」を立ち上げ、メンバーがボランティアで活動をスタートしました。「あかし」メンバーを中心に明石市社会福祉協議会、SDGs室、明石市総合福祉センター新館サポーターの方等20名の参加がありました。

 初めてボッチャを体験する方もあり、ルール説明をしながら体験していただきました。ジャックボールに近づくたびに拍手があり、勢いのある投球でアウトボールになってしまうと、場が和み笑いになっていました。障害者スポーツの楽しさを、市民に、健常者、障害者に関係なく少しづつ伝えて行こうと思っています。交流会では、ボランティアメンバーの情報交換もできたようです。

ボッチャ交流会の様子ボッチャ交流会の様子
ボッチャ交流会の様子ボッチャ交流会の様子


【令和2年7月23日(祝) 東播磨地域から2チーム(12名)参加】

 東京パラリンピック開催記念スポーツ交流大会兼のじぎく杯ローリングバレーボール大会2020が、兵庫県立障害者スポーツ交流館で行われました。
 連盟登録3チームと一般参加4チームの熱戦が繰り広げられました。そのうち2チームは東播磨地域で、AKBs(あかし・かこがわビューティーズとHappy♡Happy)が参加、中には初めて体験される方も多く、ルール説明とデモンストレーションも行われ、久しぶりのパラスポーツを楽しく交流しました。
 運営には連盟の方や、交流館の方がコロナ感染症対策の準備をされ、フェイスシールド、マスク、手袋着用で、開会式・閉会式でもソーシャルディスタンスを保ち、終了後はすべての用具を全員で消毒し、コロナに負けず、久しぶりの汗に心地よい疲れを感じ、無事に一日が終わりました。
 東播磨地域でも今後ローリングバレーボール取り入れていきたいと思います。

東京パラリンピック開催記念スポーツ交流大会兼のじぎく杯ローリングバレーボール大会2020の様子東京パラリンピック開催記念スポーツ交流大会兼のじぎく杯ローリングバレーボール大会2020の様子


【令和2年7月8日(水曜)加古川市総合福祉会館にて 参加者25名】

 ひょうご障がい者スポーツ指導者協議会 第1回東播磨地区指導者会を開催しました。
新型コロナウィルス感染拡大防止のため、3月から中止を余儀なくされましたが、防止対策に工夫をしながらも25名の参加者がありました。
 会場でのマスクの着用、各自体調記入、手指消毒、終了後は会場の机・椅子・ドアノブ等のアルコールによる消毒などを行いました。
 兵庫県内の活動状況や、大会開催状況、卓球バレーやボッチャの講習会開催等今後の活動についても情報交換をしました。
 11月23日(祝)に開催予定の、東播磨地域主催事業「第1回はりまパラスポーツ体験♡交流会」についても活発な意見交換ができ、開催に向けて始動しました。
 第2回は9月9日(水曜)19時から加古川市総合福祉会館で開催します。


【第1回 卓球バレー審判講習会開催!!】

卓球バレー審判講習会の様子

 2019年7月13日(土曜)加古川市立氷丘南小学校体育館にて、卓球バレー審判講習会が開催されました。
兵庫県卓球バレー協会(旧卓球バレー連盟)として2019年6月18日から始動して初の審判講習会で、25名の審判員が誕生しました。

卓球バレー審判講習会の様子

 日本卓球バレー連盟からお2人の講師をお迎えして、3時間半の、レクチャーと実技研修を受け、審判の難しさを体感できました。また、選手としても白熱した試合を楽しみ暑さを忘れるほどでした。審判デビューの25名の平均年齢は54才!そのうち男性は4割、女性は6割。最年少30才!最高齢73才!

 これからも、卓球バレーの楽しさを広く皆さんにお伝えできるように、体験会や、交流試合等を開催していきます。 (三上善子記)